読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知能を創る

人工知能、機械学習、深層学習のニュース記事を収集し、技術動向を調査していきます。

目指すコンセプトは「AI妖怪」? 電通大、汎用人工知能研究拠点「AIX」キックオフ・シンポジウムを開催

pc.watch.impress.co.jp

AIXが目指すのは、普段は見えないが、VRやAR、MR機器を通じれば見られる、IoTなどを使ってさりげなく人を助けてくれるAIだ。これと、電通大水木しげる氏のお膝元である調布にあることから、「AI妖怪(YokAI)」なる汎用人工知能を目指していくと栗原氏はコンセプトを表現した。

基調講演は認知発達ロボティクスの第一人者であり、AIX顧問でもある大阪大学大学院工学研究科教授の浅田稔氏。浅田氏は「学際・融合からAI超域へ : 構成的発達科学への挑戦」と題して、「人工知能から人工共感、そして人工意識に繋がる構成的発達科学の試み」について講演した

特定の筋骨格系を持った生物の神経活動をシミュレーションすると、解剖学的構造が反映されて特定の活動パターンが出てくる。通常の歩行のときと非常に意識的な足運びをしているような状態では異なる状態が観測される。もしかしたらこれが意識と無意識を示しているのかもしれない。

意識に関しては最近、ジュリオ・トノーニによる「統合情報理論」が提唱する「φ」という量での意識の計測が話題になっている。定量化できれば不安定時の運動と安定時の運動との情報量の差や、各機能の分散や多様性についても興味深いことがわかるかもしれない。

 

人気ホテルが最大78%OFF
200社の予約サイトから料金を一括比較
最安値の宿泊プランをご案内
www.trivago.jp

にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへにほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へにほんブログ村